2022-12-03

ソブリン最高裁判所

みんぞくけん

地上のすべての民に。
自国の政府を「優れたパワー」として我慢している人たち。

フランスは、戒める。

  1. この論理は、国民のごく一部が自然に、かつ永続的に従属することを要求するものである。
  2. 民主主義は、国民が政府の活動を永続的にコントロールする手段を持つことを要求している。
  3. 国連は「民族の自決権」を認めており、その主権により、いつでも政府に取って代わることができる「国家暫定評議会」の設立が認められ、また、国家の上位、すなわち政府やすべての機関の上位に位置する「最高裁判所」の設立も認められていること。

フランスからのアドバイス:

  1. 最高人民法院」の創設。
  2. 後者は軍隊の一部であり、国民との直接的なコミュニケーションツールであること。
  3. それが国家、すなわち政府やすべての機関の上に階層的に存在しなければならないこと。
  4. すべての裁判所において控訴院に代わる正当な裁判所を有すること。
  5. これらの正当な裁判所は、裁判官を裁き、制裁する権利を持っていること。

 

PEOPLE’S LAWを支持する法体系の創造を通じて、人類社会の新しい統治モデルへの移行を提供する行動提案。

国民」、「国家」、「国」の用語の定義を選択。

国民」とは、共通の言語、文化および歴史的遺産を有し、国家の永続と国家間の協調における国際的代表権を確保するために国家を形成することができる集団のことである。

国家」という言葉は、公共財や公共サービスの管理、および(政府と制度による)国家の代表を保証する構造的な手段を特徴としています。

ここで使われている「国家」という言葉は、国家の境界線によって外的に区分された一定の領域を占める人々と国家の全体性を特徴づける。

プリアンブル

論理と公式文書に反して、政府は国家の運営を任せた国民よりも自分たちの方が「上」であり、しばしば国民に課す法律よりも「上」であるとさえ考えているのである。

さて、国家は国民の意思を実現する行政機関であり、定義上、永久に国民の主権に従わなければならない。

不適切なガバナンスの形態だけが、職務の逆転につながるのです。

人民の主権は、18世紀末に人権が確立されて以来、人類文明の基礎として認識され、国連加盟193カ国が規約1および2で「人民は自己決定権を有する」と表明している。

これらの規定は、国連総会のいくつかの決議により、国際法上も積極的に補強されています。

じんけん

国家は国民のごく一部に過ぎないのだから、国民の全体が生活と組織の規則を決める、すなわち政府の形態と行政の規則を決める憲法を形成するのは当然のことである。

その個人の最大数に鑑みて、憲法または憲法的ブロックの制度と機能に関するすべての規則、すなわち政府の形態と行政の規則を文書で定めなければならない。

取り返しのつかないことでも、変えられないことでもないこの自然の原理が尊重されなければ、国民主権が無視され、個人の権利が侵害される危険性があるのです。

国民の主権が侵害されたとき、政府は国民全体に法律を押し付けようとする小さな個人の集団に過ぎないのです。

国家はもはや合法的な政府を持たないので、国民は有志の集まりである検察を通じて状況報告を作成し、「国家暫定評議会」を設立し、「最高人民法院」を設立して国民主権を永久に保障しなければならない。その定義は、真の民主主義の唯一の基盤であるとしている。

国家移行協議会

国家暫定評議会」は、現在の統治体制が法の支配を失わせたと考える国民が設立できる機関である。

そして、この評議会は、国民全体が、もはや違反を許さない新しい憲法を書き、あらかじめ決められたプログラムに従って、過渡的に国政を運営できるような仕組みを作らなければならないのである。

この協議会が有効であるためには、一定のルールに従わなければならない。

最高裁判所

国連が認めた「民族の自決権」とその主権行使の結果として、司法の独立を保証し、国家が民族の法律に従って機能することを保証する高等司法機関の設立が必要となる。司法の独立は、人権の尊重にとって不可欠であり、「世界人権宣言」に謳われた個人の権利を完全に尊重できる唯一の防波堤となるからである。

新しい政治形態や国家暫定評議会が創設されるまでは、この最高裁判所が、国内および国際機関において国民を法的に代表する唯一の合法的な機関となるのです。

腐敗しない正義の唯一の永続的な保証は、司法が主権者たる人民の高く唯一の権威の下に永久にとどまることを条件としてのみ保証される。したがって、「最高人民法院」は、その組織を担当する様々な専門機関の数名の常任委員で構成されなければならないのです。ただし、住民の中から選ばれた普通の人々で、完全に独立した立場で判決を下し、宣告することが肝要である。この最高裁で扱われる事件ごとに、新たな抽選が必要になる。

この人数は、母集団の幅広いサンプルを代表するのに十分で、常に正社員の7倍以上とする。

この最高人民法院は、あらゆる機関の上に階層的に配置され、法の支配を永久に保証するものであり、したがって、その決定の執行のために頼ることになる国軍の上位の権威となるのは当然のことである。

その結果、国民は、国家の行為の正当性を監督し、逸脱しようとする試みを制裁する用意のある優れた司法機関を自由に利用できるようになるのである。

この組織は、「国家評議会」および「憲法評議会」の上位に位置する「最高人民裁判所」であり、国土全域に設置され、上訴裁判所の代わりに、公職に就いていないくじで選ばれた者のみからなる「正当裁判所」が設置される予定です。

この「国民の最高裁判所」は、すべての国民に真の正義を保証する法的救済を提供する。検察は、もはや政治家に仕えるのではなく、市民に仕える存在になる。

国家に対する国民の権威を代表するこの最高裁判所は、法律の問題を、「国際法」、特に、規約1および2に示され、国連総会のいくつかの決議によって肯定的に確認された国連組織の基盤である「人民の自決権」を扱う「国際最高裁判所」に付託しなければなりません。

これらの国内機関による法的保護を受けない国民は、「国家暫定評議会」を設置するだけで、国際司法裁判所を呼び出すことができる。

最高人民法院」を持つ国は、国家の共通善と「人権」に基づく民主主義を永遠に確立していることになる。

Print Friendly, PDF & Email