ソブリン最高裁判所

人民の権利

すべての人々に。
世界の大多数の国民が「より高い権威」として自国の政府に服従しているという認識に

フランスはリコールする。

1) その論理は、会社(政府)を管理するために選ばれた人々のごく一部が、それが由来する人々の権威の下に常に存在し続けることを要求しています。
2) 民主主義は、国民が政府の活動を恒久的にコントロールする手段を持つことを要求している。
3) 国連が「人民の自己決定権」、すなわち統治体制が常に支配下にあるようにいつでも変更できる権利を認めていること。

フランスが助言する。

  1. 「国民の最高裁判所」の創設。
  2. この裁判所が軍隊の一部と国民との直接のコミュニケーションのためのツールを持つべきであること。
  3. 国家、すなわち政府とすべての機関の上に階層的に置かれること。
  4. 法を超えた正義を確保するために、すべての裁判所で控訴裁判所に代わる正当な裁判所を持っていること。
  5. これらの正当な裁判所が、判事を裁き、制裁する権利を持っていること。

PEOPLE’S LAWを支持する法的コーパスを作成することにより、人間社会の新しい管理モデルへの移行を提供する行動の提案

概念に関するいくつかの定義

“PEOPLE” – “NATION” – “STATE”

PEOPLE」とは、共通の言語、文化、歴史的遺産、代表的な団体を共有する人々のことを指します。

STATE」という言葉は、この代表的な団体や管理する機関のことを指しています。
ここで使われている「ネーション」という言葉は、国境で区切られた所定の領土を占領している国民と国家の全体を指す。

プリーマーブル

提示された論理と公式のテキストに反して、政府は、国家を管理するために任命した人々の「上」にあると考えており、多くの場合、彼らが国民に課す法律の「上」にあるとさえ考えています。

しかし、国家は国民に選ばれた経営体である。それは、定義上、永遠にその人々に服従しなければなりません。
不適切な統治形態だけが役割の逆転を招く。

国民の主権は、18世紀末に制定された「人権」以来、人類文明の根幹として認められ、国連加盟193カ国が再確認し、規約1、2で「人民は自己決定権を有する」と規定しています。

 

じんみんけん

国家は国民のごく一部であるから、当然、生活や組織のルールを決めなければならない最大の部分である。つまり、ガバナンスのあり方や経営のルールなどです。これを憲法といいます。

この当たり前のことが、また、不可侵かつ不可侵の原則が尊重されないとき、国民の主権が剥奪され、個人の権利が侵害される危険にさらされます。

国民の主権が侵害されると、政府は国民全体に法を押し付けようとする小集団でしかない。

国家が正当な政府を欠いている場合、国民は有志の集まりで検察庁を結成して状況報告書を作成し、次に「国民移行評議会」を作り、最後に「国民最高裁判所」を設立して、その定義に従って真の民主主義の唯一の基礎である国民の主権を永久に保障しなければならないのである。

 

ナショナルトランジションカウンシル

国民移行協議会」は、現在の統治体制が法の支配を失う原因になっていると考えれば、国民が設置することができる機関です。

そして、この審議会は、国民全体が違反を許さない憲法を書き換え、あらかじめ定められたプログラムに沿って国家の運営を暫定的に行うことができるような体制を整えなければならない。

この協議会が有効になるためには、いくつかの規則を遵守しなければなりません。

 

最高裁判所

国連が認めた「人民の自己決定権」では、司法の独立性を保証し、国家が国民の法律に基づいて機能することを保証するために、より高い司法機関の創設が必要とされているが、それは、司法の独立性が人権の尊重に不可欠な条件であり、世界人権宣言によって通知された個人の権利の完全な尊重を保証する唯一の防波堤であるからである。

新しい統治形態が確立されるまで、あるいは国家移行評議会が設立されるまでは、この最高裁は、このようにして、国家機関や国際機関の前で国民を法的に代表する唯一の正当な機関となる。

偽造不可能な衡平性の唯一の永続的保証は、司法制度が主権者である国民の高い唯一の権限の下に恒久的に置かれているという条件の下でのみ保証されている。この最高裁が扱う事件は、その都度、新たな抽選が必要になります。

これらの人々は、人口の多様なサンプルを代表するのに十分な数であり、常に、少なくとも正社員の数の7倍の数である。

この最高人民法院は、すべての機関の上に階層的に配置されており、法の支配の恒久的な保証人であり、したがって、当然のことながら、その決定の執行のために控訴する国軍の上位機関となる。

このことから、国民は、国家の行動の正当性を常に監視し、逸脱しようとする試みを制裁する準備ができている優れた司法機関を持つことになる。

この機関である「国民の最高裁判所」は、すべての機関の最高位に階層的に配置され、領土全体にアクセスできるようになり、控訴裁判所に代わって、公職に就いていない者の中から抽選で選ばれた者だけで構成される「正当な裁判所」が設置される。

この「国民の最高裁」を通じて、国民一人一人が真の正義を保証する救済策を持つことになります。検察官はもはや政治家の味方ではなく、市民の味方になる。

国家に対する国民の権威を代表するこの最高裁判所は、それ自体が、すべての国民に国際的な救済を提供する「国際最高裁判所」に頼らなければならない。

これらの国家機関によって司法を奪われた国民は、「移行国民会議」を設立するだけで、この国際法廷に訴えることができるようになります。

国民の最高裁」がある国は、国家の共通善と「人権」に基づく民主主義を永続的に確立してきたことになります。

Print Friendly, PDF & Email
Défiler vers le haut